ダイセルがザクロ由来の機能性素材を事業化、腸内菌叢の代謝を活用

 ダイセルが、腸内細菌叢の代謝機能を活用したザクロ由来の機能性素材「URORICH(ウロリッチ)」を2021年度に事業化した。ザクロ果皮から抽出したポリフェノール成分であるエラグ酸を、ヒトの腸内細菌叢から見いだした嫌気性細菌2種で代謝したウロリチンAを主な活性成分とする素材。ダイセルのヘルスケアSBU(Strategic Business Unit)が注力している腸内細菌代謝素材の第2弾だ。第1弾は、2013年に事業化した大豆胚芽抽出発酵物「フラボセル」で、大豆イソフラボンの1つダイゼインを腸内細菌の代謝で変換したS-エクオールが主成分。ダイセルは2021年9月13日には、S-エクオールを配合したサプリメントを「WELLMETHODソイエクオール」としてリニューアル発売した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)