PRISM BioLab、13億円を調達、3つ目の自社パイプラインの開発加速へ

 PRISM BioLab(神奈川県藤沢市、竹原大代表取締役)は、2021年8月27日付けで、第三者割当増資により、総額13億円を調達した。調達資金は、自社創薬事業で進めている3つ目のパイプラインの開発や内部統制体制の構築などに投じる。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)