Pfizer社、60歳以上に対するRSウイルスワクチンの第3相開始

 米Pfizer社は、2021年9月2日、60歳以上を対象に開発しているワクチン候補、2価のRSウイルス(RSV)融合前Fサブユニット(RSVpreF)について、有効性、免疫原性、安全性を評価するグローバルでの第3相臨床試験(二重盲検プラセボ対照ランダム化比較試験、RENOIR試験)を開始したと発表した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)