ロート製薬、眼の情報から疾患の全身性発症などを予測するアプリなど開発へ

 ロート製薬は、2021年9月7日、大阪大学大学院医学系研究科眼科教室の西田幸二教授、SAI(埼玉県和光市、福間康文代表取締役)と、眼の健康情報から全身性疾患の発症を予測するアプリなどの創出へ、共同研究契約を締結したと発表した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)