新型コロナ、幅広い変異株抑える国産の中和抗体シーズが登場

 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の治療に新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)の中和抗体を活用する動きが日本で活発化している。ただ、現状で使われている「ロナプリーブ」(カシリビマブ/イムデビマブ)も、承認前の段階にあるのものも、いずれも海外で製造された抗体医薬だ。安定供給の観点から、国産の中和抗体医薬が求められる中、アカデミア発の有望な中和抗体のシーズが報告された。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)