スイスAC Immune社と米Genentech社、抗タウ抗体の第2相で主要評価項目達成

 スイスAC Immune社は2021年8月31日、抗タウモノクローナル抗体semorinemabが、第2相臨床試験に登録された軽症から中等症のアルツハイマー病(AD)患者の認知機能に好ましい影響を及ぼしたとの報告が、パートナーである米Genentech社からあったことを明らかにした。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)