ペプチドリーム、富士フイルムから買収した放射性医薬品事業に参入へ

 ペプチドリームは、2021年9月2日、富士フイルムの連結子会社である富士フイルム富山化学が手掛ける放射性医薬品事業を取得するため、富士フイルムと株式譲渡契約を締結したと発表した。ペプチドリームは今後、新会社を連結子会社化し、放射性医薬品事業の成長を図る。同日開催された説明会で、ペプチドリームの金城聖文取締役副社長は、放射性医薬品と、その送達にペプチドを使うペプチド薬物複合体(PDC)との相性の良さを強調した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)