AMEDが事業の自己採点結果を報告、医薬品PJと疾患基礎研究PJに高評価

 日本医療研究開発機構(AMED)審議会は2021年8月18日、2020年度のAMEDの自己評価についての報告を受け、内容を議論した。AMEDの三島良直理事長は、秋にも社会連携推進室を立ち上げ、医療データ利活用やゲノム解析に対する、社会の理解を得る取り組みを強化していく考えを明らかにした。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)