ソレイジア、2022年内にミトコンドリア標的薬の販売開始を見込む

 ソレイジア・ファーマは2021年8月17日、2021年12月期第2四半期の決算説明会を開催した。同社は2021年6月に国内で、再発または難治性の末梢性T細胞リンパ腫(Peripheral T-Cell Lymphoma:PTCL)を対象にしたミトコンドリア標的薬(開発番号:SP-02)の承認申請を完了し、2022年内の販売開始を見込んでいることを報告した。同社は今後、SP-02の他国での開発販売権を外部企業へ導出するため、契約の交渉を進める。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)