インフルエンザに罹患すると二次性細菌性肺炎を起こしやすい機序を解明

 インフルエンザウイルスに感染すると上気道細胞でGP96蛋白質が誘導され、それが細菌の気道上皮細胞への定着を促すことが示された。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)