大鵬薬品、「アブラキサン」の供給が10月以降に停滞の見込み

 大鵬薬品工業(小林将之社長)のがん治療薬、「アブラキサン」(パクリタキセル アルブミン懸濁型)の供給が2021年10月以降、停滞することが明らかになった。日経バイオテクの取材に対し大鵬薬品が事実と認め、「現在のところ10月中旬以降に在庫がなくなる見込み」という。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)