総医研HD、化粧品事業が急ブレーキで10期連続の増収がストップ

 化粧品と機能性食品素材を中心に手掛ける総医研ホールディングスは2021年8月19日、2021年6月期の決算説明会を開催した。中国市場向けに展開している主力の化粧品事業が伸び悩み、2011年6月期から続けていた10期連続の増収が途絶え、減収となった。中国での広告規制強化や中国企業の台頭によるライバル製品との競争激化などが主な理由。2022年6月期も減収を予想しており、苦戦はしばらく続きそうだ。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)