米Calyxt社、高オレイン酸ダイズは栽培面積「2倍に増えた」

 ゲノム編集ダイズなどの開発を手掛ける米Calyxt社が2021年8月18日、日本のメディアセミナーにオンラインで登壇し、オレイン酸を多く含むダイズを使った油の市場浸透が順調に進んでいることを明らかにした。現在製品化しているダイズのほか、コムギやアルファルファなどの作物でもゲノム編集系統を開発していることも説明。米国では、ゲノム編集食品が肯定的に受け入れられていると語った。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)