武田薬品、米Finch社から導入の腸内菌叢経口薬を潰瘍性大腸炎へ開発へ

 武田薬品工業と米Finch Therapeutics社は、2021年8月10日、2017年に共同開発契約を締結した炎症性腸疾患(IBD)を対象とする腸内菌叢由来経口治療薬(開発番号:FIN-524/TAK-524)について、武田薬品の主導で臨床試験を開始すると発表した。現在、両社は潰瘍性大腸炎(UC)を対象とする第1相臨床試験の準備で協力している。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)