CDC、中等度から重度の免疫不全患者に3回目のmRNAワクチン接種を推奨

 米疾病対策センター(CDC)は2021年8月13日、中等度から重度の免疫不全状態にある患者のうち、新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)に対するmRNAワクチンを2回接種した人々に対して、3度目の接種を推奨すると発表した。予防接種の実施に関する諮問委員会(ACIP)が推奨し、CDCのRochelle P. Walensky所長が同日、明らかにした。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)