ファーマフーズが明治薬品を子会社化、ドラッグストアへの販売チャネルを獲得

 ファーマフーズは2021年8月6日、機能性食品や医薬品の製造・販売を手掛ける明治薬品(東京・千代田、石坂俊光社長)を子会社化すると発表した。ファーマフーズにとって2件目のM&A(合併・買収)で、買収総額は最大23億円となる。金武祚社長はシナジー効果を生かすことで、「5年以内に200億円以上の増収を目指す」と意気込んだ。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)