タカラバイオ、COVID-19関連が引き続き好調で大幅な増収増益

 タカラバイオは2021年8月3日、2022年3月期第1四半期決算を発表した。売上高は152億円(前年同期比120.1%増)、営業利益は85億円(同1125.5%増)と前年同期比で大幅な増収増益を記録し、営業利益は過去最高となった。SARS-CoV-2のPCR検査関連製品や受託サービスが引き続き好調だったほか、一般研究用試薬の売り上げも復調した。同月5日、同社の仲尾功一社長が本誌の取材に応じた。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)