ひむかAMファーマがシリーズBで4億円調達、炎症性腸疾患向け第1相を海外で開始へ

 ひむかAMファーマ(宮崎県宮崎市、新城裕司社長)は2021年8⽉3⽇、シリーズBラウンドの資⾦調達で4億円を調達したと発表した。同社は炎症性腸疾患を対象にしたペプチド医薬品を開発しており、調達した資金を使って早ければ2021年中にも臨床試験を海外で始める。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)