米Biogen社、米Ionis社の核酸医薬でアルツハイマー病患者のタウ蛋白質が減少

 米Biogen社と米Ionis Pharmaceuticals社は、2021年7月26日、共同開発中のアルツハイマー病(AD)の核酸医薬(開発番号:BIIB080/IONIS-MAPTRx)について、第1b相臨床試験のデータを発表した。タウ蛋白質のアンチセンス薬であるBIIB080は、用量依存的かつ経時的な薬力学的効果を示し、高用量群では脳脊髄液(CSF)中のタウ蛋白質が半減した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)