米AbbVie社傘下のAllergan社、老眼治療薬の第3相臨床試験で主要評価項目を達成

 米AbbVie社傘下のアイルランドAllergan社は、2021年7月25日、老視(老眼)の治療薬として開発中のピロカルピン点眼液(開発番号:AGN-190584)について、第3相臨床試験(GEMINI 1試験)で有意な近見視力改善効果を示したと発表した。同社は、別の第3相臨床試験(GEMNI 2試験)のデータと合わせて米食品医薬品局(FDA)に新薬承認申請(NDA)を既に行った。FDAは現在審査中で、2021年末までには結論が出る見通しだ。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)