政府がワクチン強化の工程表、コロナの第3相試験は抗体価指標で年内開始へ

 政府は2021年7月30日、第1回目ワクチン開発・生産体制強化関係閣僚会議(議長=加藤勝信官房長官)を開催し、国産ワクチンを生み出すための体制強化の工程表をまとめた。国産コロナワクチンに関しては、中和抗体価などを指標に実薬との非劣性・優越性を検証する、代替的な第3相試験を年内に開始するとの目標を掲げた。副議長の井上信治健康・医療戦略担当大臣は閣議後の会見で「必要な9つの施策を計画的に推進するための工程表をまとめた。来年度予算などの要求で必要なものはしっかりと確保して、戦略を着実に実行するよう関係府省に依頼した」と話した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)