京都大、ヒトiPS細胞由来の肺前駆細胞を拡大培養してマウス肺に生着成功

 京都大学大学院医学研究科呼吸器疾患創薬講座の後藤慎平特定准教授や同医学部附属病院呼吸器内科の池尾聡医員などの研究グループは2021年7月29日、ヒトiPS細胞由来の肺前駆細胞を拡大培養させ、マウス肺へ移植して生着させることに成功したと発表した。成果は、国際学術誌「Biomaterials」のオンライン版に7月20日に公表された(10.1016/j.biomaterials.2021.121031)。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)