新型コロナに特例承認された中和抗体「ロナプリーブ」の可能性

 2021年7月19日、中外製薬が新型コロナウイルス感染症(COVID-19)を対象に承認申請していた米Regeneron Pharmaceuticals社の中和抗体のカクテル療法「ロナプリーブ点滴静注セット」(一般名カシリビマブ(遺伝子組換え)及びイムデビマブ(遺伝子組換え))が特例承認された。中外製薬は、スイスRoche社から、ロナプリーブの日本における開発権および今後の独占的販売権を取得している。日本政府は、2021年分を確保し、即日配布するとのことなので、我々も、ワクチンを補完するCOVID-19の予防・治療薬をようやく手にしたことになる。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)