米Nkarta社、がん治療用NK細胞医薬の製造施設と本社を新設へ

 がん治療のための組換えナチュラルキラー(NK)細胞医薬を開発している米Nkarta社は2021年7月14日、研究開発と商業生産のための施設に関するリース契約を結んだと発表した。同社は、South San Franciscoに8万8000平方フィート(約8175平方メートル)の施設を新設し、組換えNK細胞医薬候補のスケーラブルな製造を支援するとともに、そこに本社を移す計画だ。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)