米Wugen社、メモリーNK細胞療法の臨床開発へシリーズBの調達完了

 米Wugen社は、2021年7月15日、シリーズBの資金調達を1億7200万ドルで終了したと発表した。同社は調達資金で、再発・難治性の急性骨髄性白血病(AML)などを対象に、メモリーNK細胞療法(開発番号:WU-NK-101)の臨床開発を進める。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)