富山大が新型コロナのスーパー中和抗体を得られたワケ

 富山大学医学部、同大工学部、富山県衛生研究所の研究者らの共同研究グループは、2021年6月、新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)の多種の変異株に対して高い中和活性を有するヒト・スーパー中和抗体(開発番号:28K)を取得したと発表した。共同研究グループは実用化に向け、製薬企業などとの提携を模索している。2021年7月14日、富山大学副学長の北島勲理事が本誌の取材に応じた。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)