米MGH、アストロサイトから分泌されるIL-3とアルツハイマー病の関係を明らかに

 米Massachusetts General Hospital(MGH)はアルツハイマー病患者の脳内で、星状細胞から分泌されるIL-3が、ミクログリアにアミロイドβとタウ病変の除去を指示することを示唆する結果を得た。研究成果を2021年7月14日、Nature誌電子版に発表した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)