SBI、1000億円ファンドの15%から20%をバイオ・ヘルスケア分野へ

 SBIグループのベンチャーキャピタル(VC)であるSBIインベストメントは、2003年以降、バイオ・ヘルスケア分野のスタートアップへの投資を実施してきた。2021年4月には、日本最大級の「SBI 4+5ファンド(正式名称:SBI 4&5投資事業有限責任組合、SBI 4&5投資事業有限責任組合2号の総称)」を組成し、運用を開始した。2021年6月28日、SBIインベストメントのCVC事業部の別所隆之次長と駒澤明日香アシスタントマネジャーが本誌の取材に応じた。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)