独Merck社、神経デバイス開発のINBRAIN社とバイオエレクトロニクス医薬を創出へ

 ドイツMerck社とスペインINBRAIN Neuroelectronics社は、2021年7月8日、慢性疾患の神経修飾療法としてグラフェン素材のバイオエレクトロニクスデバイスを共同開発すると発表した。INBRAIN社傘下のINNERVIA Bioelectronics社が保有する自動制御のグラフェンシステムを活用し、慢性的な重度炎症疾患などを対象にエネルギー効率の高い個別化デジタル医療の創出を目指す。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)