北大、SARS-CoV-2の新規治療薬開発へクラウドファンディング

 北海道⼤学⼤学院先端⽣命科学研究院の⻄村紳⼀郎教授は2021年7月から、SARS-CoV-2の新規治療薬開発を目指して、クラウドファンディングで研究資金の募集を開始した。糖鎖修飾部位に変異が入りにくいことを利用して、その部分をターゲットとした抗体を取得し、ウイルスの変異の有無にかかわらず使える治療薬の創製に役立てるという。資金募集はアカデミスト(東京・新宿、柴藤亮介CEO)が運営する学術系クラウドファンディングサイト「academist(アカデミスト)」で既に始めており、2021年9月9日まで行う。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)