米Arrowhead社、腎細胞がん対象ARO-HIF2第1b相の中間解析で腫瘍縮小効果

 米Arrowhead Pharmaceuticals社は2021年7月6日、淡明細胞型腎細胞がん(ccRCC)に対するRNAi治療薬候補ARO-HIF2に関する第1b相用量漸増試験AROHIF21001で、最初に登録された2コホートから得られたデータの中間解析で好ましい結果が得られたと発表した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)