蘭DSM、高活性ビタミンD製剤「ampli-D」を2022年に販売開始へ

 ビタミン13種類全てを生産しているオランダRoyal DSM社は、コロナ禍で免疫を強化する栄養成分として注目度が高まっているビタミンDの高活性製剤「ampli-D」の販売を、2021年春までにオーストラリアとシンガポールで開始した。日本では内閣府の食品安全委員会(食安委)が2019年1月から食品健康影響評価を進めている。「2022年に日本で上市できそう」と、2021年6月24日に日本法人DSMがオンライン開催した「持続可能な食料システムと栄養改善。その世界動向について」にて、DSMの丸山和則社長は話した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)