米Eureka社が仏Sanofi社にGPRC5D結合分子をライセンス、多発性骨髄腫が対象

 米Eureka Therapeutics社は2021年7月6日、G-蛋白質共役受容体であるGPRC5D(G Protein-Coupled Receptor Family C Group 5 Member D)に結合する分子をキメラ抗原受容体(CAR)以外の技術と組み合わせて、多発性骨髄腫に対する治療薬を開発するための独占的な権利をフランスSanofi社にライセンスしたと発表した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)