花王と弘前大、東大、内臓脂肪が少ない人に多い腸内細菌種Blautia hanseniiを特定

 花王と弘前大学、東京大学は、内臓脂肪蓄積が少ない日本人にて存在比率が多い腸内細菌種として、Blautia属菌の2種を同定した。2021年6月にオンラインで開催された第25回腸内細菌学会学術集会にて、花王ヘルス&ウェルネス研究所の大里直樹研究員が、この成果を発表した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)