COVID-19とワクチンのあり方を考える

 新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)に感染し、回復した患者の血清を解析すると、軽症例では中和抗体が認められないケースがあり、重症例ほど効果の高い抗体ができている。既感染者の血清を調べると、時間の経過とともに中和活性が下がっていく。ワクチン接種者の血清を調べると、中和抗体価が下がっていく──。既感染者やワクチン接種者における抗体価の検証が国内外で進んでいる。我々の体内ではウイルスやワクチンに対してどのような反応をしているのだろうか。抗体産生メカニズムやウイルスに対する免疫応答の研究を手掛ける広島大学大学院医系科学研究科免疫学教授の保田朋波流氏に話を聞いた。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)