米Seres社、Nestle社とクロストリジウム腸炎に対する腸内細菌叢製剤の販売で提携

 米Seres Therapeutics社は2021年7月1日、再発性クロストリジウム・ディフィシル感染症(CDI)を対象に第3相臨床試験まで進めている経口腸内細菌叢製剤(開発番号:SER-109)について、スイスNestle Health Science社と米国、カナダにおける商業化で提携すると発表した。Nestle社は、米国とカナダ以外での商業化権を既に保有しているが、今回の契約拡大で、全世界規模でSeres社と提携関係を結ぶことになる。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)