米ArriVent Biopharma社、シリーズAで約1億5000万ドルを調達

 米ArriVent Biopharma社は2021年6月30日、シリーズAで最大1億5000万ドル(約165億円)以上を調達する見込みであると発表した。調達した資金により中国Allist Pharmaceuticals社から、上皮成長因子受容体チロシンキナーゼ阻害薬(EGFR TKI)であるfurmonertinibを導入し、非小細胞肺がんを対象に開発を推進する。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)