そーせいグループ、AI創薬の米InveniAI社とGPCR創薬で提携

 そーせいグループは2021年7月6日、人工知能(AI)や機械学習(ML)を活用した創薬に関するプラットフォーム技術を有する米InveniAI社と新規研究開発提携を開始したと発表した。発表では提携の目的を、新薬創出のために AIとMLを用いることで、疾患に関与する免疫調節経路におけるG蛋白質共役型受容体(GPCR)の役割について論理的な根拠を見いだし、免疫疾患領域における新規治療薬のコンセプトを特定することだと説明している。その上で、GPCRを創薬ターゲットとして同定し、既存の免疫治療薬よりも反応性が改善された新規化合物の創出を目指す考えだ。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)