HarvestX、東京大にイチゴ工場設置で自動授粉・収穫ロボ開発を加速

 東京大学発スタートアップでイチゴの自動授粉・収穫ロボットの開発を手掛けるHarvestX(ハーベストエックス、東京・文京、市川友貴代表取締役社長)は2021年6月21日、東京大の本郷キャンパス内に自社のイチゴ自動栽培ロボットシステムの研究開発施設を設置したと発表した。ロボットの性能データの収集などが自由にできるようになり、完成前の最終調整に活用する。今秋までにはロボットの試験販売を始めたい考えだ。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)