米Apellis社と米Beam社、補体関連疾患に複数品目の塩基編集療法を開発へ

 米Apellis Pharmaceuticals社と米Beam Therapeutics社は、2021年6月30日、Beam社が保有する塩基編集の基盤技術を活用する5年間の独占的共同開発契約を締結したと発表した。眼科、肝臓、脳などの補体関連疾患を適応とする塩基編集療法6品目の創出を目指して協力する。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)