米Acrivon Therapeutics社、Eli Lilly社からチェックポイントキナーゼ阻害薬を導入

 米Acrivon Therapeutics社は2021年6月29日、米Eli Lilly社からDNA損傷応答(DDR)時に機能するチェックポイントキナーゼCHK1およびCHK2を選択的に阻害するprexasertib(ACR-368)について全世界における開発と商品化の独占的な権利を獲得したと発表した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)