なぜ最初に登場したのがmRNAワクチンだったか

 2019年末に発生した新型コロナウイルス感染症(COVID-19)はその後、世界中にまん延したが、1年未満でワクチンが開発され、世界中で接種に使われている。これまで様々な感染症に対してワクチンが開発されているが、主に生ワクチン、不活性化ワクチン、組換え蛋白ワクチンだった。今回、なぜmRNAを有効成分とするワクチンが先行したのか。インフルエンザワクチンに詳しく、COVID-19ワクチンの開発にも携わる国立感染症研究所インフルエンザ・呼吸器系ウイルス研究センター長の長谷川秀樹氏にCOVID-19ワクチンの開発動向などについて聞いた(聞き手は加藤勇治=日経メディカル)。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)