エシカル・スピリッツ、都内の蒸留所で顧客獲得狙う

 廃棄される食品素材でクラフトジンなどの蒸留酒を製造するエシカル・スピリッツ(東京・台東、山本祐也代表取締役CEO)は2021年7月1日、東京都台東区に設置した蒸留所をメディア向けに公開し、併設する物販スペースやクラフトジンを1杯単位で提供するバーなどを紹介した。この蒸留所を拠点に、商品の販売やPRを促進する計画だ。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)