東京大の有村准教授ら、植物の葉緑体ゲノム編集をカルタヘナ法規制対象外で

 東京大学大学院農学生命科学研究科の有村慎一准教授と中里一星氏(大学院修士課程2年生)らは、植物の葉緑体ゲノムの標的部位の塩基を置換するゲノム編集技術を開発した。葉緑体ゲノムの標的部位の一塩基置換を、細胞1つに1000コピーも存在する葉緑体全てで達成できた。さらにその後代にて、外来遺伝子を含まないヌルセグリガントを取得できた。これは、遺伝子組換え生物(GMO)を規制する日本のカルタヘナ法(正式名称:遺伝子組換え生物等の使用等の規制による生物の多様性の確保に関する法律)の規制対象外となる、葉緑体ゲノム編集育種を実現したことを意味する。有村准教授らはモデル植物のシロイヌナズナで得た成果を、京都大学、東京工業大学の研究者と共著の論文としてNature Plants誌にて2021年7月1日に発表した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)