IQVIAジャパン、国内医薬品市場の5年成長率はマイナスの見通し

 IQVIAジャパン(以下、IQVIA)は2021年6月24日、「新型コロナウイルス感染症(COVID-19)が医療用医薬品市場に与える影響、2025年までの市場予測を含む今後の展望」と題したメディアセミナーを開催した。同社によると、世界の医薬品市場の2025年度までの5年成長率は4.4%の見通しだ。一方で、国内の医薬品市場の5年成長率は-1.2%から-0.2%の見通しと、世界の動向とは反する予測になった。また、COVID-19のワクチンによる増分を加味した5年成長率は、世界では4.9%、国内では-1.1%から-0.1%となる試算だ。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)