フェニックスバイオ、2022年3月期は5期ぶりの黒字予想

 フェニックスバイオは2021年6月7日、2021年3月期(2020年度)通期の決算説明会を開催した。説明会では、海外でB型肝炎に対する治療薬の開発が進展している影響で、製薬企業や研究機関に向けた研究用のヒト肝細胞キメラマウスである「PXBマウス」の売り上げが好調なことから、2022年3月期の営業利益が5期ぶりの黒字に転換する見通しだと説明があった。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)