米Senda Biosciences社がシリーズBで9800万ドル調達

 数千年に渡ってヒト、植物、細菌の間で進化してきた分子相互作用を利用した医薬品の開発を進めている米Senda Biosciences社は2021年6月10日、シリーズBとして総額9800万ドル(約108億円)を調達したと発表した。創業以来の調達額は、1億4300万ドルになった。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)