Sanofi社と米Translate Bio社、インフルエンザに対するmRNAワクチンの第1相を開始

 フランスSanofi社のワクチン事業部門であるSanofi Pasteur社と、mRNA医薬の開発に取り組む米Translate Bio社は2021年6月22日、季節性インフルエンザA/H3N2株を対象とする1価のmRNAワクチンの第1相試験を米国で開始したと発表した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)