医療分野の調整費、2021年度1回目の109.7億円の配分案が決定

 政府の健康・医療戦略推進本部は2021年6月23日、医療分野の研究開発関連の調整費総額175億円のうち、今年度第1回分として、トップダウン型経費14.3億円、理事長裁量型経費95.5億円を配分することを決定した。トップダウン型経費は、ワクチン関連とゲノム・医療データ関連に配分されることになった。また理事長裁量型経費は、今年度も新型コロナウイルス感染症(COVID-19)対策に手厚く予算が付けられる。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)