京大など、S1P受容体の活性化機構を解明

 京都大学大学院医学研究科の萩原正敏教授、同岩田想教授、東北大学大学院薬学研究科の井上飛鳥准教授らの研究グループは2021年6月10日、スフィンゴシン1リン酸(S1P)受容体の活性化状態の構造および活性化の機構を初めて解明したと発表した。細胞内へのシグナル伝達に偏りを生じさせるメカニズムも分かり、新たなS1P受容体関連薬の開発につながる成果となりそうだ。成果は米Science Advances誌に掲載された。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)